入稿データについて

ご注意

ご入稿前にデータに不備がないか十分にご確認ください。

不備が見つかった場合、お客様にてデータの修正・再入稿をお願いしております。 再入稿になった場合は納期に遅れが生じる場合がありますのであらかじめご了承ください。 また、データチェック対象外の不備につきましてはそのまま印刷されてしまいますので、こちらもあらかじめご了承ください。

入稿可能データについて

入稿可能データは「Adobe Illustrator(ai形式・eps形式)」もしくは「Adobe Photoshop(psd形式)」となります。データ確認用にjpgまたはPDFデータをお付けください。

※PDFやoffice系データ(Word・Excel・Power Point)、JpegやBMPなどのデータではご入稿いただけません。

入稿可能データをお客様側でご用意できない場合

弊社で制作を承っております。お気軽にご相談ください(有償となります)。

 

よくあるデータ不備

不備連絡の対象について

  • ●アウトライン化されていない
  • ●画像のリンク切れ

※注意事項※

上記の項目以外のデータ不備に関しては、 弊社からお客様へのご連絡はしておりません 。
ご入稿いただいたデータをそのまま印刷 させていただきますので、ご入稿の前に下記内容を必ずご確認いただきますようお願いいたします。
また上記以外のデータ不備で、 印刷後のイメージ違いによる刷り直しは別途料金が発生いたします。
ご了承のほどよろしくお願いいたします。

イラストレーターのデータの場合

● 文字のアウトライン化

文字化けを防ぐために、テキストデータを図形として認識されるように加工することをアウトライン化といいます。

アウトライン化するテキストを選択し、[書式]→[アウトラインを作成]でアウトライン化ができます。
[書式]→[フォントの検索]でドキュメンのフォントにフォントがある場合はアウトラインの取り残しがありますのでご注意ください。

● 画像配置について

デザイン内に画像を配置している場合は画像を埋め込むか、画像データを一緒に入稿してください。(※画像形式は.eps .psd .jpeg .png .tiff .bmp等でも問題はございません)

[ファイル]→[配置]でお客様のPCに保存されている画像データが選択可能となります。

[ウィンドウ]→[リンク]→右上のオプション→[画像の埋め込み]。Illustratorの設定・バージョンによっては作業環境の中に画像を選択すると「埋め込み」と書かれたボタンが出てくることがあります。

● 画像解像度

※弊社で不備の連絡は行なっておりません

配置画像は、原寸で 100〜200dpi のものを使用してください。
生地への印刷の場合は、画像の再現に限度がありますので150dpiの画像とそれ以上の画像を見比べてもほぼ仕上がりに差はありません。

150dpi~300dpiはさほど見た目の差はなく、 150dpi以上の解像度があれば写真は鮮明に印刷可能 です。

webサイトで使用されている画像が主に72dpiですが、 72dpiだと画像はかなり粗くなります 。弊社で粗いかどうかの確認はできかねます。ご心配な方はご自宅のプリンターで一部分を実寸でプリントアウトするなどしてお試しください。

※注意事項※

※webサイト用の画像やワード・エクセル・パワーポイントなどに貼り付けた画像は、解像度が低いため使用できません。
※解像度が200dpi以上の場合、原寸サイズで100〜200dpiに変更してください。
※ご入稿いただいたデータはそのまま印刷いたします。解像度の確認はしませんのでご注意ください。

● カラーモード

※弊社で不備の連絡は行なっておりません

カラー設定はCMYK のみご使用可能です。 RGBや特色(DIC、PANTONEなど)は使用できませんので、 全てのカラーは、 CMYK に変換してご入稿ください。[ファイル]→[ドキュメントカラーモード]→[CMYK]で設定可能です。

特色などが使用されている場合は、弊社で自動的にCMYKカラーに変換いたします。

※データ名の隣に[RGB]と表記されている場合、PCで表現されている色味と印刷後の色味が大きく異なります。ご注意くださいませ。※一部商品はDIC指定、もしくは指定カラーのみの場合がございます。 詳しくは商品ページ、またはテンプレートデータでご確認ください。

● 黒色と茶色を使用される際の注意点

※弊社で不備の連絡は行なっておりません

印刷機の特性上、色味の数値によってはデータ作成時の色味と印刷後の色味が異なる場合がございます。

黒色の印刷をご希望の場合はC:0%、M:0%、Y:0%、K:100%で設定をお願いいたします。C:100%、M:100%、Y:100%、K:100%のリッチブラックは表現できかねますのでご了承くださいませ。

茶色をご使用の場合K40%以上になると大きく色味が変化しますのでご注意ください。
※Kの数値が高すぎると仕上がりが黒に近くなります。

● 塗り足しについて

※弊社で不備の連絡は行なっておりません

商品の仕上がりには数mmのズレが生じる場合がございます。断裁時に生地の色がはいらないように、背景の色味を余分に広く作成をお願いいたします。塗りたしは周囲に30mmずつ付けてください。確認対象のデータ不備が無い場合は塗り足しが足りなくても印刷に進めさせていただきますのでご了承くださいませ。

● 文字切れ

※弊社で不備の連絡は行なっておりません

弊社テンプレートにある仕上がり線の内側数cmの線を「ガイド線」又は「ガイドライン」と呼んでいます。
商品の仕上がりには数mmのズレが生じる場合がございます。そのため、 文字などは出来るだけガイドラインの内側 に収めるようお願いいたします。

フォトショップのデータの場合

● カラーモード

※弊社で不備の連絡は行なっておりません

カラー設定は CMYK のみご使用可能です。 RGBや特色(DIC、PANTONEなど)は使用できません 。
全てのカラーは、 CMYK に必ず変換してご入稿ください。 特色などが使用されている場合は、弊社で自動的にCMYKカラーに変換させていただきます 。

データ名の隣に表記されます。この時に RGBとなってる場合、PCで表現されている色味と印刷後の色味が大きく異なります のでご注意くださいませ。

[イメージ]→[モード]→[CMYK]で設定可能です。

テンプレートのレイヤー中にお客様のデータがあると印刷の都合上、仕上がり線等がデザイン内に入ったまま印刷されてしまいます。

テンプレートとデータを分けて、デザインデータだけを確認できる状態にしてください。

テンプレートとデザインのデータを結合してしまうと、仕上がり線も一緒に印刷されてしまう可能性があります。

● テンプレートとデザインのレイヤーを分けている

作成されたデザインのデータは全て1つのレイヤーにまとめてください
※テンプレートも一緒に結合しないようにご注意ください。

※濃い色のTシャツなどの制作の場合は、背景と画像データを分けたデータも一緒にお送りください。背景と統合せず透過データをお願いいたします。

複数レイヤーを選択し、右クリックをして「レイヤーを結合する」を選択すると結合できます。
※テンプレートも一緒に結合してしまわないようにご注意ください。

レイヤーが分かれていると、効果レイヤーによってはエラーが出る可能性があります。

※注意事項※

弊社にデータ修正をご依頼いただく場合、別途デザイン作成費用が発生いたします。